福井市の矯正歯科治療専門クリニック

  • 診療コンセプト
  • 誠クリニックの特徴
  • ドクターの紹介
  • 治療の流れ
  • 矯正歯科治療について
  • 症例実績
  • 誠クリニックのご案内
  • リンク
  • ブログ
Archives
医療法人 矯正歯科
誠クリニック
福井市松本4丁目11-1
0776-22-4187
矯正歯科医会

blog:ブログ

クリニック日記
アメリカ矯正歯科学会とロススタディークラブ

随分と長らく放置していたこのブログですが、久々に更新します。

4月22日から30日まで、カリフォルニア州サンディエゴで開催されたアメリカ矯正歯科学会と、続けてRoth Study Club Interanational(RSCI)という勉強会に参加して来ました。

これから数回に分けてレポートします。

 

 

 

 

サンディエゴは成田空港から直行便が毎日出ており、約11時間で到着です。

入国審査はとてもゆるく、長蛇の列を覚悟していたらおばちゃんに案内されて自動受付機にて指紋採取、パスポートスキャン、入国目的を入力して5分で終わってしまいました。

アトランタでは1時間半並んだことがあり、入国するアメリカ各都市でなんでこんなに対応が違うねんと首をひねりながらレンタカー屋さんへ。

 

 

今までアメリカ南東部でしか運転したことがなく、西海岸で運転するのは初めてだったのですが、運転マナーはあまり良くないです。

特にダウンタウン周辺は車線があってないような感じでクラクションが鳴りまくっていました。

車よりも街中を走るトラムで十分楽しめると思います。

 

 

メキシコ国境に接する都市で、空港から車で10分ほど南下したところに街の中心部があり、さらに10分南下するとメキシコ国境があります。

国境には壁があり、壁を挟んでメキシコのティファナという街があります。

アウトレットモールの駐車場に沿って壁があり、その向こう側から子供達の笑い声が聞こえて来ました。

 

 

たった数メートル向こう側は全く別の世界なんですね。

我々島国の人間にとってなんとも不思議な感覚です。

トランプさんの対外政策が先行き不透明で、この先世界はどうなってしまうのだろうと思いながら壁の向こうのティファナの街を眺めていました。

 

 

サンディエゴ市街中心部は碁盤の目になっており、メインストリートはGaslamp Quaterと呼ばれています。

歴史的建造物と近代建築が交互に並んでいて、レストランやバー、おみやげ物屋さんが軒を連ねます。

 

 

到着した日はアメリカ矯正歯科学会とMLBサンディエゴパドレス対マーリンズの試合が被ったこともあり、Gaslamp Quaterは大にぎわいでした。

 

 

メインストリートには自転車で3~4人乗りのリヤカーを引っ張るお兄さんがたくさんいて、リヤカーはLED電飾がピカピカし、大音量のスピーカーからドンドコドンドコ音を鳴らしながら走り回ります。

 

 

食事は美味しいレストランが多かったです。

ただし何を頼んでも超大盛りですので、日本人なら2~3品を6人くらいでシェアするのがおすすめです。

アメリカ探訪記 その三

いつの間にか暑い夏も通り過ぎ、気がつくと鈴虫がリンリンと。。。

ご無沙汰しております。

 

ある日子供を幼稚園に連れて行くと、クラスのお友達が手足を先生に見せながら「蚊に刺された」と自慢していました。

次の朝、また送って行ったら今度は別のお友達が先生に「蟹に刺された」と自慢していました。

どうやら、「かにさされた」が伝言ゲームで「かににさされた」に変化したようです。

子供っておもしろい。。。

 

さて、アメリカ探訪記は今回が3回目。

ゴールデンウィークネタをどんだけ引っ張ってんねん、という突っ込みはご勘弁を。

 

 

penn station.jpg

 

2日間の勉強会が終わり、皆それぞれの地元で診療を再開するのですが、私はボルチモアに1日だけ寄り道して帰ることにしました。

フィラデルフィアからは、 Penn Station 30th stという駅からAMTRAKという鉄道に乗って移動します。

インターネットで予約してプリントアウトしたものを駅のバーコード読み取り機にかざして実際のチケットを受け取ります。

空港みたいに各列車のゲートが開くまで列に並び、乗車して適当な席に着くと車掌さんがすぐにやってきて、バーコードで切符を読み取ってレシートのような紙を荷物棚に張ってくれます。

あとはのんびりがたんごとん。1時間10分ほどでボルチモアに到着です。

 

 

biology building.jpg

 

ボルチモア駅にメリーランド大学医学部で細菌学の研究室を構える友人O氏が迎えに来てくれていました。

O氏は国立大学の理学部を卒業後、日本国内の大学の研究施設で業績を出し、アメリカに移られました。大変優秀な方なんです。

アメリカの研究施設は日本とは違い、大学からはほとんど給料をもらえません。NIH(国立衛生研究所)からグラントという補助金をもらって研究費や人件費、生活費を稼ぐのです。お金をもらうと言っても「ちょうだい」と言えばくれるものではなく、研究して論文書いて有名な学術雑誌に掲載されたり特許取ったりすることで、自分の研究はアメリカという国家の利益のためにこんなに大事なのだ、というアピールをし、審査が通るともらえるのです。

研究室の責任者は大学にお金を払って部屋を貸してもらい、スタッフを雇って結果を出します。教授は補助金の使用用途を自分の裁量でいかようにもできます。資金が潤沢にある研究室は人もたくさんいて、教授も高級車に乗って高級住宅街に家を構える場合もあります。もちろんたいていの方は研究のために補助金を大切に使用し、生活は質素です。

補助金が途切れたりすると、研究室の規模を縮小したり、せっかく育てたスタッフも解雇しなければなりません。

補助金の当たり方は景気の動向に反映されます。人類にとってとても大事な研究なのに、アメリカでは今のところ急を要してないよということであれば、簡単にカットされてしまうこともあるようです。

そんな中、O氏はグラントを当てながらスタッフを雇い、こつこつと研究成果を出して頑張っておられます。

アメリカで生き抜く事は本当に大変なことなのだそうです。

 

 

さてもう一人、大学時代の同級生S氏が歯学部歯周病学に勤めています。

私と同期で歯学部を卒業後、単身アメリカの歯学部に飛び込み、たたき上げで指導教官になった方です。

どれだけ苦労してきたのだろうといつも敬服するばかり。

インプラントが専門で、昨年まで12年間ニューヨーク大学歯学部で臨床研究や歯学部生の臨床実習における指導教官をしながら研究論文を書いたりして、今年の1月よりメリーランド大学に移ってきました。

 

学内ですが、今は卒業の時期なので学生はいません。たまたま先生方も学会出張で少なく、がらんとしていました。

S氏が案内してくれました。

 

まずはベーシックなトレーニングを行う部屋。機材は実際に臨床で使う機器と同じものを使います。

ほんの少し簡略化されてはいますが、本格的な姿勢で実習できます。着用する診療衣から、手袋、ゴーグルまで、すべてが実戦形式です。

もう少し学年が上がると使用する機材が本格化します。

 

 

training room.jpg

 

そして臨床実習で実際に患者さんを治療する部屋ですが、どの歯科用椅子にもマイクロスコープという大変高価な顕微鏡が備わっています。歯科治療というのは大変細かい作業を要しますので、このようなスコープを使ってモニター画面に映しながら学生に指導するわけです。

学生は臨床実習に上がると患者さんをあてがわれ、最初から最後まですべて自分で治療します。

歯周病や虫歯を抱え、抜歯も必要で矯正治療も必要、最後に入れ歯を装着。。。なんて患者さんも最後まで一人で診なければなりません。もちろん難しい場合は指導教官の手助けはあるみたいですが。

現在日本の歯科大学では学生は患者さんをほとんど触らせてもらえず、見学のみで終わってしまうことも多く、大きな違いを感じます。

矯正治療の臨床実習室では、子供用に少しカラフルにしているみたいです。

 

歯学部は4年前に新館ができたばかりで立派ですが、この歯学部、実はアメリカ最古の歯学部なんです。約200年前の歴史があり、開学当時の歯学部の建物は現在歯科の博物館となっています。

次回はこの博物館の紹介をしてこのアメリカ探訪記を締めたいと思います。

 

 

 

transporter.jpg

 

今回メリーランド大学を案内してくれたお二人には大量のお土産を。勉強会の資料と着替えだけだったので、スーツケースもいらないほどでしたが、せっかくなので日本の食材、雑誌、シャンプー等、持って行けるだけ持って行ったら喜んでくれました。

アメリカ探訪記 その二

さて、前回の続き。

今回のミーティングはフィラデルフィア市内中心部にあるUnion Leagueで行われました。 


union league 22.jpg

ここはアメリカで最も由緒あるCity clubだそうで、通りに面した古い建物はなんと今から150年前、南北戦争の頃に建てられた施設です。奥に宿泊棟が見えます。旧館とは別の時代に建てられたのかな?

 

 

union league 44.jpg

フィラデルフィアは独立戦争や南北戦争で歴史的な舞台になりました。リンカーンの「人民の、人民による、人民のための…」という演説が有名なゲティスバーグはここから車で西に2時間ほど。

この建物は1階にレストランや懇親会等で使う会場があり、2階の会議室で今回の勉強会が開催されました。2階の奥には小さいですが図書館もあって、おそらく南北戦争の頃からの文献だと思いますが古い書籍が所蔵されています。

図書館や会議室、朝食会場ではカジュアルドレスコードが適用されますが、宿泊棟ではジーンズにTシャツ等、私服で過ごせます。

 

 

union league 33.jpgmeeting room11.jpg

 

lincorn 11.jpg会議室はなかなか厳かな雰囲気で、リンカーン大統領の立派な銅像も立っており、背中に彼の厳しい視線を感じながら(?)、勉強させていただきました。はたしてリンカーンもこの部屋に滞在したのでしょうか…。

勉強会は、参加者全員が1ケースずつ症例を持ち寄り、テーブル上にファイルを展示したり、ポスター発表したり、口頭発表される先生もおられます。

我々のスタディークラブではどのような理念で矯正治療を行っているか、別の機会にお話しますが(いつになるやら…)、先生方の治療は非常にクオリティーが高いです。

参加するたび、「地球の裏側で同じ考えを持ってこつこつ努力している人がいるんだ」と診療のモチベーションを高めて帰国するのです。

アメリカ探訪記 その一

いよいよブログの更新が年1回のペースになりつつある今日この頃です。

やっとこさ重い腰が上がりましたので再開します。

 

philadelphia city.jpg

先週アメリカのフィラデルフィアとボルチモアという都市を訪れました。

初日、2日目は矯正治療の勉強会、そして3日目はボルチモアに移動してメリーランド大学歯学部歯周病学のS氏と微生物学研究室で働いているO氏に会いに行きました。

約3日半というなかなか弾丸なツアーになり、時差ぼけのまま帰国しました。

たいしたものではないですが、数回に分けて滞在記なるものを書いてみようと思います。

まずはフィラデルフィアから。

アメリカ矯正歯科学会は各州で毎年持ち回りでゴールデンウィークの頃に開催されます。矯正歯科の世界はいくつもの流派に分かれており、各スタディークラブは学会の後にそれぞれミーティングを開きます。今年はペンシルベニア州のフィラデルフィアでアメリカ矯正歯科学会があったのですが、これには参加せずに私の所属するロススタディークラブの勉強会のみに2日間出席しました。

成田から11時間かけてイリノイ州のシカゴに到着し、飛行機を乗り換えて3時間かけてフィラデルフィアに到着です。

タクシーに乗って20分ほどで街の中心部に到着しました。

 

philadelphia city hall.jpg

中心部には独立戦争時のリバティーベルや有名なシティーホール等があり、見学しに行きたかったのですが、弾丸ツアーだったたので今回はお預けです。

ちなみに治安はあまり良いとは言えません。近くに流れる川を挟んでニュージャージー州のカムデンという地区は毎年全米No.1の危険地帯で、警察官すら近寄らないそうですので、ご旅行で行かれる方は迷い込まないよう、くれぐれもご注意を。

そういえば、以前住んでいたアラバマ州バーミングハムも全米TOP10に入る危険都市でした。

町中を歩く時は常に気を張っていたような気がします。

ただし、アメリカは貧富の差が大きいので危険な地区と安全な地区が分かれていますから、街を歩くと危険な雰囲気は感じとることができます。

 

その二に続く

まだまだ夏休み

 

north shore.jpg

まだまだ暑い夏が続いていますがいかがお過ごしでしょうか。

今年は全くと言っていいほど雨が降りませんでした。

毎日毎日じりじり太陽に照らされて溶けかかっておりました。

さて、皆さんは夏休みの宿題に追われているかもしれませんね。

最後になって焦らないようにさっさと片付けて遊びに行ってしまいましょう。

「あー、どうして7月中にやってしまわなかったんだろう。。。まだあれもこれも残ってる。」と毎年8月31日に腕組みしていたので、全く説得力ありませんが。

 

 

冬眠のためブログの更新を怠っている間に、すっかり春の陽気になってしまいました。

お久しぶりでございます。

皆様お元気でしょうか。

花粉も落ち着き、過ごしやすい季節になりましたね。

 

spring.jpg

 

山に行けばいろんな植物の新芽を見ることができ、小動物たちが走り回る姿を見ることができます。

 

 

risu2.jpg

 

 

町に降りてくればNASCARが走り回る姿を見ることができます。

レースの途中でRuby Tuesdayに寄ってお茶でも・・・というところでしょうか。

 

nascar.jpg

 

 

・・・・・・・・・?????

暖冬?

明日から12月ですね。

あっという間の2011年でした。

福井から見える白山連峰はしっかり積雪があるみたいですが、街中はあまり冷えてきません。

暖冬なのかな?

と思っていたら去年のようにドカ雪が降るのかもしれません。

皆様ご用心を。

 

winter.jpg

                                                                                                                  Highland Lake, AL

釣り

 


osakanakun 1.jpg
夜明け前。

ここはアメリカ南部メキシコ湾沿いのとある港町。

今日、私は海の男になるのです。

首を洗って待ってろよ、獲物たち。

 

 

osakanakun2.jpg

途中、海上餌販売所にて採れたてのイワシを購入。

 

 

osakanakun 3.jpg

雲を真っ赤に染める朝日が海の男を奮い立たせます。

気分は演歌で盛り上がっております。

荒れ狂う海に立ち向かうのです。

そして外洋に出て30分後、荒れ狂う海に勇敢に立ち向かった「海の男」はオエップに。ゲー。

 

 

osakanakun 4.jpg

釣り竿たち。

自称「海の男」、釣りに関して全くの素人なのでよくわかりません。

 

 

osakanakun 6.jpg

さてなんとかオエップも治まり、漁場に着いたのでいよいよ釣り。

こんな大きな鯛がどんどん引っかかります。

ちなみにこの鯛、フエ鯛といって普段我々が口にするものとは違います。

かなり獰猛で、体が海に引きずり込まれそうです。

釣れたら漁船のお兄ちゃんが針から獲物を外してくれます。

ちっちゃい子は海に帰します。

 

 

osakanakun 7.jpg

大漁旗じゃなくて海賊旗。

 

 

osakanakun 8.jpg

大漁です。

 

 

osakanakun 9.jpgosakanakun 10.jpg

お兄ちゃんが魚をさばいてくれるのですが、電動ノコギリでぶいーんと豪快に切り落としていきます。

日本の板前さんがこれ見たら怒るだろうなあ。

わざわざ首を洗って待っていてくれた獲物君たち、こんなひどいさばきかたしてごめんよ。

 

 

osakanakun 12.jpg

お家に持ってかえった切り身たち。

こんなに多すぎて、やっぱりオエップ。

刺身にしたり煮たり焼いたりしてみましたが、いまいち大味でアメリカンでした。

 

 

Gulf shores, AL

Brackets and wires 其の一

 

 

brackets and wires.jpg

週末から急激に冷えてきました。

風邪にご注意を。

たまには矯正歯科らしいブログ記事を・・・ということで、これから何回かに分けてブラケットとワイヤーについて書いていこうと思っています。

不定期ですが。。。

以前紹介した奥歯にかぶせるバンドに対して、前歯にはブラケットを貼付けます。

このブラケットには溝が彫ってあって、そこにワイヤーが入ります。

ブラケットと一体になった歯がワイヤーの上を滑って並んでいく訳です。

歯科大の学生の頃は、歯が骨の上で動いていくことがとても不思議でした。

さてこのワイヤーとブラケット、矯正材料メーカーから様々な材質、形状、サイズがでております。

矯正専門医はそのなかから最も使いやすい材料を選択し、組み合わせて使います。

次回は、材質、形状、サイズについてもう少し詳しく説明します。

発進

 

Cruiser.jpg

 

砂の中から突然現れたクルーザー。

実は向こう側は海なのですが。

宇宙戦艦ヤマトが飛び立つときの姿を思い出します。

 

相変わらず矯正とは何の関係もない写真ですみません。。。

 

Orange Beach, AL

 

夏休み

 

pool in the sky.JPGいよいよ夏休みに突入しました。
海や山、祭りに花火、楽しみが盛りだくさんですね。
みなさん、事故には気をつけて楽しんでください。

さて、写真は天空のプール。
眼下には広大な大地が広がっております。
溶けそうなくらい暑い日はこんな涼しいところでひと泳ぎしたいところですが、標高が高くて寒いのです。みなさん唇を紫色にして頑張って泳いでおります。
風邪を引きそうです・・・。

Cheha state park, AL

暑くて・・・。

梅雨が明けてしまいました。

昨年の暑さは尋常じゃありませんでしたが、今年はさらに暑く、長くなりそうです。

このご時世、できるだけ節電するように心がけておりますが。。。

みなさん、熱中症にはくれぐれも気をつけてください。

 

 

2011 Summer.JPG

Perdido Beach Resort, Orange Beach, AL

 

BAND

 

band 1.jpg

HPの中では掲載していないものを紹介してみようと思います。

矯正歯科では、さまざまな装置を使います。

写真は大臼歯用バンドというちょっとごっつい装置です。

上下の奥歯にカポッとかぶせるタイプで、薄い金属のバンドに矯正用チューブを溶接してあります。

チューブの小さい穴にワイヤーが通るわけですが、必要に応じてこの蓋を取り外し、普通のブラケットとして使うことができます。

このタイプの装置は矯正治療が誕生した約100年前から存在していて、言い換えれば100年も経っていまだに進化していないということですが、実は奥歯を動かすときに最も信頼できる装置なのです。

 

station 1.JPG

ここは停車場。

朝一番の汽車に乗って私は人生の旅に出るのです。

 

station 2.JPG

営業時間か・・・。

station 3.JPG

 

この部屋が待合室。

19世紀にタイムスリップした気分だな・・・。

 

station 4.JPG

切符はここで買うのかな。

窓口はまだ閉まっている。

 

station 5.JPG

 おーい、駅員さん。

と呼びにいったらそこはなんと矯正歯科のオフィスでした。

 

station 6.JPG

 約130年前の駅舎を20kmほど移動して(!)、プラットホームを改装して診療室にしたとのこと。

横においてある貨車の中は、技工室になっています。

駅長さんのお部屋は院長室。

凝ってる・・・。

 

Dr.Semaのオフィス。

R2-D2

かなり久しぶりのブログ更新となってしまいました。

皆様いかがお過ごしでしょうか。

震災から早2か月以上が過ぎ、東北では少しずつ復興が始まったとのことですが、

被災地の人々が本当の元気を取り戻すまで、応援していきましょう。

 

さて、写真ですが、街中に突如現れたR2-D2。

スターウォーズでおなじみですね。

USポスタルサービスはおもしろいポストを作るんです。

足が固定されているのでルーク・スカイウォーカーを助けにいけません。

 

R2D2.jpg

Poinciana Dr, Birmingham, AL

To infinity and beyond

今年の冬はひたすら雪が降り続いていますが、いかがお過ごしでしょうか。

各小学校ではインフルエンザで学級閉鎖となっているみたいです。

皆様、手洗いとうがいはしっかりしましょうね。

 

全く関係がない写真ですが、今にも宇宙に飛び出しそうな感じです。

いつか、飛行機に乗る感覚で宇宙ロケットに乗って旅が出来るようになるのでしょうか。

今日は火星で忘年会あるから火星鍋つついてくるよ、とか。。。

 

Space.jpg                                                                     U.S. Space & Rocket Center, Huntsville, Alabama

 

 

 

 

寒くなりました。

 

Birmingham in fall.jpg 
朝晩はすっかり寒くなってまいりました。

寒暖の差が激しくなる季節です。

皆様お風邪など引かぬように気をつけてください。

 

Jack-o'-lantern

 

kabocha.JPG

 

 

 

暑くなったり寒くなったりと、不安定な気候が続いております。

いかがお過ごしでしょうか。

街中のお店はすっかり秋冬モードになってきて、ハロウィーンのディスプレイもちらほらみられます。

それを眺めながら、以前Jack-o'-lanternを作ったことを思い出しました。

ところでこのカボチャ、実は食べられません。

どうにかして食べられないものかと煮たり焼いたりしましたが、やっぱりムリ。

おいしくない。

穴開けて中くりぬいて目と鼻と口をくりぬいてロウソクを入れるためだけに存在しているの?このカボチャ。

ちなみに、ハロウィーンはキリスト教のお祭りで、日本でいうところのお盆みたいなものらしいです。

発祥の地イギリスでは、カブを使っていたそうな。

 

 

kabocha 2.JPG kabocha 3.JPG

 

kabocha 4.JPG

 

 

9月にはなったけれども

DSC_0083.JPG

 

やっと暑い夏が過ぎ去ろうとしていますがいかがお過ごしでしょうか。

夏バテや夏休み疲れは大丈夫ですか?

ホームページを立ち上げて早一ヶ月がたちました。

誠クリニックのホームページを制作していただいたのは金沢にあるnet worldというweb制作会社です。営業の方とデザイナーさんのセンスがとても良くて、当初思い描いていたものよりも遥かにすばらしいホーページになりました。

先日このホームページが「Webデザインのリンク集 Webデザインポータルサイト S5-Style」というサイトに掲載されました。

webデザイナーの人たちが参考しているポータルサイトらしくて、私たちのホームページが掲載されるとは、うれしいようなちょっぴり照れるような。

興味のある方はこちらから↓

http://bm.s5-style.com/

 

pagetop