医療法人 矯正歯科誠クリニック

福井市の矯正歯科治療専門クリニック

矯正歯科治療

高度なテクニックで、ベストな治療計画を。

近年、矯正歯科治療を希望される患者様のニーズの多様化や、矯正歯科医療の進歩にともない、矯正歯科の治療方法は選択肢が非常に増えています。誠クリニックでは、歯科矯正用アンカースクリュー(TAD)を用いた先進的な治療の方法からスタンダードな方法まで、 専門医・認定医の高度なテクニックで、あらゆる矯正歯科治療に対応しています。しかし、患者様に不利益と思われる治療方法などについては、患者様が希望されても、当院では対応できないものもあります。治療方法については、それぞれのメリット・デメリットを十分にご説明し、個々の患者様に応じた最善の治療方法をアドバイスさせていただきます。

ワイヤーによる矯正
(マルチブラケット法)

現在最も一般的な矯正歯科治療の方法です。 ワイヤーとエラスティック、コイルスプリングなどを用いる治療法で、「スタンダードエッジワイズ法」と「ストレートワイヤー法」という主に2つの方法があります。

前者は、個々のお口の中の状態に合わせてワイヤーをこまかく調整していくオーダーメイドの治療方法です。 後者は、日本人の歯並びの平均値に合わせてあらかじめ必要な機能がブラケットに組み込まれており、既製のワイヤーを用いる治療方法です。 いずれも歯の表側から装置をつけますが、歯を着実に動かすことができ、治療後の仕上がりも非常にきれいです。

※矯正用ブラケット
当院では、矯正用ブラケットとして歯の色に似た色のセラミックスブラケットをおもに使用しております。 なかでもセルフライゲーションブラケットはワイヤー交換の際にワイヤーを縛らないため、患者様にとって快適な装置であり、 またワイヤーの交換に要する時間が短くなるため、その分以前に比べて細かい修正などに時間を割くことができるようになりました。 またこのブラケットはワイヤーとの摩擦が少ないため、治療初期の期間を短縮できるようになりました。

歯科矯正用アンカー
スクリューを用いた矯正

歯科矯正用アンカースクリュー(TAD)を用いた矯正治療は、通常のワイヤーによる矯正歯科治療に加えて、矯正用のごく小さなスクリューを顎の骨に埋込み、 これを固定源として歯を動かすという新しい方法です。

従来から使われてきた大がかりな装置を必要とせず、治療の自由度が高いのが最大のメリットです。 軽い局所麻酔のもとで行いますので、痛みはほとんどありません。 誠クリニックではアンカースクリューを用いた矯正の豊富な治療経験をもとに、適切なアドバイスをさせていただいております。

※歯科矯正用アンカースクリュー(TAD)
歯科矯正用アンカースクリュー(TAD)は、抜歯スペースを利用して前歯の後退を図ったり、臼歯を圧下させたりする際の固定源として使用します。 以前は臼歯を固定源として前歯を引っ張ったりしていましたが、臼歯の方の前方移動が生じて、前歯を十分後退させられないことがありました。

スプリント治療

顎を動かすと関節の音が鳴る、痛い、だるい、動かしづらいなど、顎関節症の症状が見られた場合には、 スプリントという装置を用いて半年~1年間、顎関節の位置を適正なポジションに修正し、それに合わせて歯並びの治療計画を立案することがあります。

  • 咬合機による上下顎関係の診査
  • スプリント
  • アキシオグラフによる顎運動の記録と、
    精密な顎関節の位置の把握
  • キャディアックスによる顎運動の記録